セラピストのためのレンタルサロン セミナー・イベント運営 セラピスト支援(サポート) 開業
ウィズセラピスト ドットコム
HOMEへ お問合せ 会社概要 プライバシーポリシー
セラピスト倶楽部
セラピストヒストリー
ウィズアドバイザー
セラピーのお話
会員専用掲示板
セミナー・イベント情報
セミナー・イベント報告
キャンペーン情報
私だけのセラピストが見つかる本
 
 
 
 
セラピーのお話
 
 
エステサロン Wis Salon ウィズサロン


約8年にわたり、生活の中でどうしたら自分自身の声に傾けられるのか、本来の自分を生きられるのか、といった悩みと不安に対し、リーディングセッション(カウンセリング)で情報をお伝えしたり、ヒーリングでその方ご自身の癒しを進められるようお手伝いするのを仕事としてきました。
この仕事を始めた頃から、もっと私たちの身体に意識を向け、本当の意味で心と身体の統合を図れる方法はないかと探していました。

昨年、Presencingという概念と実践を軸としたボディワークとヒーリングの提唱者ジャック ブラックバーンと出逢いました。
彼の個人セッションを受けて意識がすんなりと身体に入り、身体が変わることが全てを変えるということを体験してから、私自身もその手技を習いに行き、今は彼のサポートや通訳も始めました。

日本ではまだボディワークということばに馴染みがないかもしれませんが、身体への施術は全てボディワークに含まれます。
ジャックの施術は、身体に触れることでクライエントが身体を意識し感じられるように手助けをし、相互的なティームワークとことばを用いて身体への意識を高めます。

身体だけが「今ここ」を生きているものであり、私たち人間が本当の意味で生きることを可能にするものです。
身体と心/思考の関係性を変化させることは、長年培ってしまったパタンやセッティングをクライエントの身体そのものから変化する力を引き出し、肉体が変わるだけではなく外界との関わりや生き方そのものに変化が訪れます。

頭だけで考えたり答えを導きだそうとする「スピリチュアリティ」は限界があります。
生きるうえで現実を心から楽しみ、身体で味わい、もっとも誠実に存在してくれている肉体と深い意味でのコミュニケイションをすることだけが、私たち人間が「統合」した存在として生きられる道なのではないでしょうか。

今までの方法に加え、より人間本来の輝きを取り戻すお手伝いをできればと願っております。
 

 
楠木 戀都

元々は科学主義者だったが、大きく体調を崩したのをきっかけにヒーリング等のスクールへ。自立を機にこの仕事しか選択肢がなかったためリーディングセッションを始める。
以来あたたかいクライエントのみなさんのお陰で口コミのみで続いている。
そろそろボディワークのメニューをいれた自分のウェブサイトを持たねばならないかと思案中。

ジャック ブラックバーンウェブサイト http://www.presencingsource.com/
   
Copyright © 2007 Wis Therapist.com All Rights Reserved
ウィズアドバイザー